医療情報

インプラントの医療費控除について

インプラント治療が普及してきたことで実際に治療してもらっている人も多いともいます。インプラントは保険が適用されないため医療費を全額負担しないといけません。一つの治療に付き50万円近い治療費が必要になることもあり、複数本をインプラントにするとなると財産を投げ出さないといけないなんてことにもなります。できればインプラントに変えなくてもいいように歯の健康には気を配っていきたいものです。

インプラントは保険が適用されませんが、医療費控除が適用されます。医療費控除は年間を通して10万円以上の治療費の支払が必要になったときに支払った分の所得税が戻ってくることを言います。「保険が適用されないのに医療費控除は適用されるの?」と疑問の思う人もいるかもしれませんが自己負担の治療費にも適用されるので確定申告のときに戻ってくるのです。治療費が高いほど戻ってくる額も高くなりますので忘れないようにしましょう。

医療費控除を受けるためには領収書を提示しないといけません。領収書をなくしてしまうと控除を受けることができなくなりますので治療の時領収書はなくさないように残しておかないといけません。明細書が発行された場合にはその明細書も同時に残しておくといいですよ。